年の瀬を迎えました

江上尚志です。

慌ただしくしているうちに年の瀬を迎えました。

新しい手帳に予定を記入します。1年を振り返ってみると様々な思いがあります。
家族が元気にしていることが何よりです。

22日の「冬至」には柚子(ゆず)湯に入りました。

今年の柚子は知人たちからもらったものです。

5月の菖蒲湯に続き家族に伝える季節の行事です。
柚子の香りが日本に生まれた日々を伝えるように思います。

ダウン症協会に内閣府の立入検査がありました。

予告があり午前10時前から待機しています。

公益財団として2度目の検査でした。
大きな指摘はありませんが襟を正して行きたいものです。

鎌倉市社会福祉協議会の評議員会がありました。

事務局からの要請で議長に就きました。
補正予算等の議案がスムーズに採決されます。台風被害に対する議論が活発になるように進めました。

 
 

三菱1号館美術館のチケットを頂きました。

丸の内中通りはラグビー日本チームのパレードで賑わっていました。

50年以上前に勤めていた地域です。「印象派からその先へ」と題する見応えのある展覧会を楽しみました。

国立西洋美術館の「ハプスブルグ展」に行きました。

日本とオーストリア友好150年記念の600年にわたる帝国コレクション展です。
美しい王女の絵が印象的です。

ずいぶん昔に首都ウィーンを訪ねた日々を思い出しました。

年末の鎌倉は静かでいて賑やかさを秘めています。

長谷寺の参道は「歳の市」が進められています。

鶴岡八幡宮では警察官が新年の準備をしています。
予定を立てて鎌倉を訪ねてください。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus