長寿を祝う

父が亡くなった年齢を

追いかけ何時の間にか越えて

10年後に亡くなった母の年も追い抜いてしまった

「次は私の番だ」と言い顰蹙を買ったのも懐かしい

ところが予期せず私より若い人たちとの別れが続く

世の無情を嘆くより速い時の流れに抗うことの困難

「今年60のおじいさん」

と歌われた時代は遠い昔

今では「50・60は鼻垂れ小僧」とまだ現役世代

政府に言われ「人生100年時代」を迎えてしまう

喜寿を迎えて

私は今日はも鶴岡八幡宮の祭りに行く

興味を持つことがあり社会と共に生きている自覚が

今日で77歳になる私を生かし働かせている不思議

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus