桜前線の便り

江上尚志です。

天気の諺で春に3日の晴れなしと言います。
冬の間の晴天が嘘だったような気がします。
早咲きの玉縄桜が満開になりました。
今年は桜前線のスピードが早そうです。

2月28日は世界希少・難治性疾患の日です。
今年は丸ビル1階丸キューブでイベントがありました。
ダウン症協会としても運動に協賛しました。
日本産科婦人科学会が新型出生前診断について指針の改定案を公表しJDSとしての意見を表面しました。

3月2日は船越義珍先生のご長男・義英さんの命日です。
川崎市麻生区の善正寺でお参りしました。
10日は東京・神田の「ぶらり庵」で道場開きがあります。
父にご縁のある方々との交流を大切にしたいと思います。

小田原の東泉院で成蹊大学茶道部の合宿が行われました。
18歳の時から伺っている禅寺です。
茶席で現役と一緒に接待しました。
卒寿を迎える奥様の誕生祝いが出来ました。

森アーツ美術館の北斎展を見に行きました。
六本木ヒルズの52階が会場です。
平日に関わらず大混雑していました。
北斎の魅力を堪能した気がします。
このところ映画を観るチャンスに恵まれました。
「翔んで埼玉」というパロディでは埼玉県の意地を感じます。
浦和支社に勤務した経験を思い出しました。

枕草子の言葉には現代に通じる季節を感じます。
鎌倉文学館の展示にも時代を見る気がします。
鎌倉野菜の故郷「関谷」では一足早い季節を見るようです。
桜前線の便りを楽しみにしています。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus