『紅白歌合戦』の今後を考える!

平成最後となった『第69回NHK紅白歌合戦』は、白組の優勝で終わった、らしい。
“らしい”、などと書いたのは、実は、筆者はこの番組を観ていないのだ。
例年なら裏番組のCMの時間などを使って、時々覗いていたが、今回はそれすらしなかった。

いつの頃からかは覚えていないが、筆者はこの番組への関心を全く失ってしまった。
「『紅白歌合戦』は、こんな番組ではないはずだ!」、という思いが強い。

一方、インターネットなどで調べてみると、今年の『紅白』はかなりの盛り上がりをみせたようだ。
関東地区のテレビ視聴率は2017年を上回る41.5%だったという。
2年ぶりに40%台の回復であり、まずはご同慶の至りである。

今回の盛り上がりは、多彩な顔触れの出演者と彼らによるパーフォマンスのお蔭のようだ。
サザンオールスターズが35年ぶりに紅白に登場して、“大トリ”をつとめ会場を沸かせた。
ユーチューブでこの場面を観てみると、観客が一体になっての大変な熱狂である。

さらに、松任谷由実(ユーミン)がサザンの歌に乱入して、一緒に歌って盛り上げる。
最後に、彼女は桑田佳祐に抱きつき、熱烈なキスをしている。場内の興奮は最高潮に達する。
サザンの時間の瞬間最高視聴率は45.3%を越え、歌手の中では最も高かった。

また、人気のキャラクターである、5歳の女の子、“チコちゃん”が随所に登場して場内を沸かせたという(写真)。司会の櫻井翔君に、「なぜ紅白歌合戦は『紅白』なの?」と尋ねたらしい。
櫻井君が、「紅白でめでたく新年を迎えるってことですかね」と答えると、チコちゃんは、「ボーッと生きてんじゃねーよ!」という例の決めセリフを発した。ここでも大いに盛り上がったという。

“チコちゃん”も登場した紅白歌合戦 (“頑張れ!法政野球部”より)

一方、筆者にはこのような番組の盛り上がり方には、些か違和感を覚える。
「歌合戦」の主役である肝心の歌手とその曲が盛り上がりに全く貢献していないようなのだ。サザンの登場は「番外編」であり、合戦のために出演したわけではない。

今回は『紅白』の歴史を振り返りながら、今後のあり方を考えてみることにしたい。
NHKも真剣に番組のあり方を考えないと、“チコちゃん”に「ボーッとするな!」と叱られる筈だ。

続きを読む
1 / 5

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

pocketlinehatebuimagegalleryaudiovideocategorytagchatquotegoogleplusfacebookinstagramtwitterrsssearchenvelopeheartstaruserclosesearch-plushomeclockupdateeditshare-squarechevron-leftchevron-rightleafexclamation-trianglecalendarcommentthumb-tacklinknaviconasideangle-double-upangle-double-downangle-upangle-downstar-halfstatus